演説と演歌の繋がり|ゴルフ練習場はインドアの施設もある!遊びをもっと楽しもう

ゴルフ練習場はインドアの施設もある!遊びをもっと楽しもう

男女

演説と演歌の繋がり

女性

演歌の歴史は、明治時代の自由民権運動の際の演説から始まったといわれています。 19世紀末に、演説に関する取り締まりが厳しくなったことをきっかけに、代わりに歌われるようになり、それが演歌という名称になりました。 明治後半には、心情を歌詞にした歌が演歌師に歌われるようになり、演説の代用から音楽の分野へ方向を変えました。 大正には洋楽の手法をつかう演歌師、鳥取春陽があらわれたことにより、一般化に拍車がかかりました。 昭和には外資系レコード会社に参入により、新録音システムも導入されました。 その後、少しずつ変化しながら現在の演歌と呼ばれるようなジャンルを確立されました。 時代とともに数々の名曲があります。 これからも長きにわたり多くの人に愛されると思います。

現在演歌は、60代後半〜70代以上を中心に人気の高いジャンルです。 ただ、祖父母の影響などで若者の中にも熱烈なファンがいます。 また、社会人になると職場の宴会などで演歌にふれ、興味をもつ人もいるようです。 人気アイドルグループの一人が演歌歌手としてソロデビューする例や、元演歌歌手がアイドルグループに加入する例などもあり、若者の認知も徐々に増えつつあるとおもいます。 テレビの企画から登場し、有名事務所に弟子入りして話題になった歌手もいます。 ルックスと実力、両方を兼ねそなえた男性歌手が中高年の女性を中心に絶大な人気になり、このジャンルを牽引しています。 国際的にも認知されるようになり、海外での需要も高いです。 いろいろなジャンルの音楽がある中、これからもたくさんの人に愛され続けることでしょう。