都会の乗馬クラブ|ゴルフ練習場はインドアの施設もある!遊びをもっと楽しもう

ゴルフ練習場はインドアの施設もある!遊びをもっと楽しもう

男女

都会の乗馬クラブ

馬

乗馬は、大地を踏みしめ自然の風をきり、草原や海岸を走ることでストレス解消になります。また乗馬自体全身運度のため、健康にもよいスポーツです。馬に触れること自体、心身ともに良い行為なのです。これらを体験できるのが乗馬クラブです。 乗馬クラブは、馬だけに田舎にあると思われがちですが、実は都会の街中に普通に存在します。 その乗馬クラブは、10年20年以上の歴史の長い乗馬クラブが多く、そのため体験乗馬から初心者指導、ビギナー乗馬から、大会にでる上級者の乗馬まで、幅広く指導できる所です。また履歴書にも書ける、乗馬ライセンスも取れることも魅力です。 このような乗馬クラブですが、正式に利用するには正会員から期限会員、平日会員やジュニア会員まで多彩な会員登録方法があります。また費用もまちまちで、平均的に入会金が10万から15万程度、会費が月単位で平均1万から2万、その他騎乗料が、平均千5百円程度との費用となっています。 また持ち馬がある場合、調教などの費用が別途かかります。

乗馬は、自動車が登場するまでは、人間にとって最適な移動手段で、乗馬による機動性を生かした役職まで、歴史には存在します。またその機動性から軍事用にも利用され騎兵として活躍します。とはいえ乗馬行為自体は、身分的に上位の人のみだったため、一般に広く乗馬することはなく、明治に入って一般に乗馬の許可がされたものの、軍隊など一部に広まるのみで、乗馬人口は増えることはなかったのです。 今の乗馬クラブとして一般化して知られるようになったのは、戦後スポーツや競技としての、乗馬が知られるようになってからです。また歴史上、馬の飼育も一般には広まらなかったために、乗馬と飼育自体、乗馬クラブでおこなうものとなっています。 そのため、身分的上位の人の競技という、イメージがまだ残っており、現在乗馬クラブは、楽しく気軽にできるスポーツとしてのイメージが重視され、乗馬をより一般に広めるための努力をしています。